勤め先からお金を借りれる?意外と知らない「従業員貸付制度」とは

勤め先からお金を借りれる?意外と知らない「従業員貸付制度」とは

人生の中には、結婚や出産など、様々なターニングポイントがあります。
その場面で必要になることの多いのがお金です。

まとまったお金が短期間に何度も必要になるなど、家計が厳しくなることもあるのではないでしょうか。

だからと言って、友人や両親に借りるのは気が引けるし、消費者金融もちょっと、と思っている方に、知っておくと役に立つかもしれない制度があります。

それは、従業員貸付金制度と言うものです。

従業員貸付金制度とは、簡単に言うと勤めている会社からお金を借りることができる制度です。いくらでも借りることができるわけではなく、その条件は様々あります。

例えば、入社して○年までは対象外であったり、勤続年数やその所得に応じて限度額が設定されることになる等があると言われています。
また、中小企業の場合は従業員貸付制度自体、導入していない会社も存在するので、利用を考えている場合はまず確認が必要です。

自分が勤務している会社からの借り入れとなるので、良く知らない消費者金融などから借りるよりは安心できると言った声もあります。
また、返済方法や期間についても、社内の担当者と打ち合わせて決めることができるので、ボーナスなどで一括返済するなどの調整もしやすいと言われています。

この制度には注意点もあります。
例えば、団体信用生命保険の有無、自己都合退職金の額、プライバシー保護などが挙げられます。
プライバシー保護については分かりやすい例かも知れません。
同じ会社内で貸し付けがあると言うことは、「誰が何のためにお金をいくら借りた」と言う情報が社内の人間に知られると言う事でもあるのです。
必ず漏洩すると言うわけではありませんが、担当者が顔見知りの場合などだと、理由を言うのが躊躇われると言う場合もあるようです。

この制度は、基本的に給料の前払いと言うことになります。
借り入れ可能な額だからと言って満額借りていると、給料日に実際に受け取れる金額が少なくなってしまい、またどこかから借り入れなければ家計が回らない…などのループに陥る事もあると言われているので注意が必要です。

お金のコラム記事一覧

銀行でお金を借りるのもカードローンなら保証人不要ですぐ借りられる
銀行でお金を借りるのは、手続きが面倒であるうえ、審査が厳しく難しいのでは、というイメージが有りますが、しかし、カードローンならすぐ、比較的簡単に利用することが可能です。
母子家庭でお金がない場合、母子家庭が受給できる手当として福祉資金貸付があります
母子家庭でお金がない場合には、母子家庭が受給できる手当として、福祉資金貸付があります。金利面でも安心できる低金利を実施されており、母子家庭の方でも計画的な返済ができます。
勤め先からお金を借りれる?意外と知らない「従業員貸付制度」とは
従業員貸付金制度とは、簡単に言うと勤めている会社からお金を借りることができる制度です。返済方法や期間についても、社内の担当者と打ち合わせて決めることができるのです。

このページの先頭へ