銀行でお金を借りるのもカードローンなら保証人不要ですぐ借りられる

銀行でお金を借りるのもカードローンなら保証人不要ですぐ借りられる

銀行でお金を借りるのは、手続きが面倒であるうえ、審査が厳しく難しいのでは、というイメージが有りますが、しかし、カードローンならすぐ、比較的簡単に利用することが可能です。

確かに、住宅ローンや事業性融資の申し込みの場合は、購入する不動産の資料、個人の所得、事業計画書などの様々な書類を準備した上で、何度も銀行に足をはこんだうえ、融資を受けるための相談をしなければいけません。

しかし、カードローンは、所定の申し込み書に記入し、本人を証明するための書類を添付して申し込みを行うことによって、他に大きな借り入れや事故情報がない限り、簡単にカードを発行してもらい、借り入れを受けることができます。

(他に大きな借り入れや、複数の借り入れが金があるにもかかわらず、嘘の申告をしても、信用情報調査により殆どの借り入れが分かってしまうようです)

住宅ローンや事業性融資の場合は、借入目的はそれに限定され、保証人が必要になることから金利は低くなります。

カードローンの場合は、審査が簡易であるうえ、利用目的が自由であることから、信販系カードローン、消費者金融系のカードローンの金利と殆ど差はないかもしれません。

しかし、個人の借入情報としては、銀行系のカードローン借入、信販系のカードローン借入、消費者金融系カードローン借入情報とでは、銀行の見方が違ってくると思います。

銀行系のカードローンの場合、その銀行との取引がないとカードを発行してもらえないと思いがちですが、全く取引のない人にも、カードを発行してくれる銀行もあります。

銀行としても、融資をしてその利息で、利益をあげているわけですが、現在のように住宅ローン金利が低水準で、景気は回復傾向にあると言われながらも、企業が設備投資に積極的ではない状況では、住宅ローンや事業性融資に比較して、高い金利を取れるカードローンは、顧客数を増やしたい商品であることから、カードローンならすぐ借入が出来るのかもしれません。

お金のコラム記事一覧

銀行でお金を借りるのもカードローンなら保証人不要ですぐ借りられる
銀行でお金を借りるのは、手続きが面倒であるうえ、審査が厳しく難しいのでは、というイメージが有りますが、しかし、カードローンならすぐ、比較的簡単に利用することが可能です。
母子家庭でお金がない場合、母子家庭が受給できる手当として福祉資金貸付があります
母子家庭でお金がない場合には、母子家庭が受給できる手当として、福祉資金貸付があります。金利面でも安心できる低金利を実施されており、母子家庭の方でも計画的な返済ができます。
勤め先からお金を借りれる?意外と知らない「従業員貸付制度」とは
従業員貸付金制度とは、簡単に言うと勤めている会社からお金を借りることができる制度です。返済方法や期間についても、社内の担当者と打ち合わせて決めることができるのです。

このページの先頭へ